AGAの原因!DHTの働きを抑えるオススメの食事・育毛剤・育毛サプリとは?

AGA(男性型脱毛症)の大きな要因であると言われているDHT(ジヒドロテストステロン)という物質。

男性ホルモンに関わっているものなので、男性にとっては切っても切り離せない存在でかなり困り者ですよね。

今回は薄毛の原因になってしまうDHTと、その対処法について詳しく紹介していきます。

DHT(ジヒドロテトステロン)とはそもそもどんな物質なの?

薄毛に悩む人たちなら一度は耳にしたことがあるDHTですが、そもそもこの物質がどのような働きをするかご存知でしょうか?

薄毛になってしまう要因と言われているので、厄介なものだと思われがちですが、実は抜け毛を引き起こすだけの無駄なものではなく、男性にとってはとても大切な役割も担っているんです。

DHTの働き

DHTの大切な働きとして、胎児の時に性器を発達させるという役割があります。

女の子の場合あまり関係はないのですが、男の子の場合は、お母さんのお腹の中にいる時にDHTが不足してしまうと、男性器の発達不全につながります

なので妊娠中の女性は、DHTの抑制効果があるものを摂取することは避けなければならないんですね。

また、男性ホルモンの1つであるテストステロンの働きを補助する役割もあり、男性らしい体の発達には必要不可欠な物質なのです。

DHTが体に及ぼす影響

男児の身体を形作るのに重要な役割を担っているDHTですが、生まれてきた後に関しては問題のある物質で、胎児に対して以外は役に立つ働きはしないことがわかっています。

出生後男性らしい成長を促すのは、主にテストステロンの役目であり、テストステロンより影響が大きいDHTが過剰に増えてしまうと困った働きをしてしまいます。

それが「体毛の増加」と「頭部の抜け毛の増加」、さらには「皮脂の過剰分泌」や「前立腺肥大症」の原因にもなります。

今回注目したいのは「頭部の抜け毛の増加」ですので、その点にフォーカスを当ててもっと詳しく見ていきましょう。

DHTの増加はAGA発症の大きな原因!そもそもAGAとは?

DHTが過剰に増えることによって、頭部の薄毛を引き起こしてしまうことがわかりましたが、1つ注意しておきたいのは、すべての薄毛の原因ではないということ。

例えば頭頂部や生え際だけでなく、頭部全体の髪のボリュームがなくなり薄くなってしまうびまん性脱毛症や、ストレスなどで起こると言われている自己免疫疾患の円形脱毛症など、薄毛にも色々な原因があります。

上記のようにDHTが原因ではない脱毛症は男性だけでなく、女性も発症しやすいのですが、AGA(男性型脱毛症)に関しては主に男性に関係する疾患です。

AGA(男性型脱毛症)ってどんなもの?

AGAはAndrogenetic Alopecia の略称で、日本語では男性型脱毛症と呼ばれる薄毛の症状です。

なぜ男性型なのかというと、男性ホルモンの一種であるDHTが関係しているために、このような名前が付いています。

AGAの特徴として生え際が後退していく、いわゆるM字ハゲや、頭頂部から薄くなっていくU字ハゲがあり、男性ホルモンが少ない女性はこのような薄毛にはなりません。

AGAの進行は徐々に進んでいくため、薄毛に気付いた時にはかなり進行してしまった後であることも厄介視される一因となっています。

AGAとDHTの密接な関係

先ほど「DHTはテストステロンを補助する役割を持っている」と説明しましたが、それもそのはず、実はDHTは元々テストステロンが変性してできた物質。

ではなぜテストステロンがDHTに変わってしまうのかというと、5αリダクターゼという酵素の存在があります。男性ホルモンであるテストステロンと、5αリダクターゼが反応すると、DHTに変化してしまい、さらにDHTが受容体と結びつくことで脱毛指令を出す物質に変化していってしまうのです。

つまり5αリダクターゼの量が多く、DHTが増えやすい状態の人や、DHTを受け取る受容体を多く持っている人ほどAGAを発症しやすいのです。

AGAによる薄毛を改善するためには、この5αリダクターゼと受容体の働きの抑制と並行して、生成自体も防ぐ必要があります

DHTの働きや生成はまず食生活や習慣から防ごう!

さて、DHTがどんなものなのか、男性やAGAとどういった関係を持っているのかなど、基礎的な知識を簡単に説明してきましたが、これからが本題。

AGAの大きな要因であるDHTの働きや生成は、どうすれば抑えることができるのでしょうか。

まず簡単にできる対策として、毎日の生活習慣を見直し、体にとって良いことをコツコツ続けることから始めてみましょう。

食生活を見直す

DHTを抑制する習慣の第一歩として、まずは毎日必ず行う食事、摂取する栄養素から見直すことがとても大切です。

数多く存在する栄養素の中でも、DHTを抑制する働きが注目されているのが「大豆イソフラボン」と「亜鉛」の2つ

この2つはほとんどの育毛サプリに必ずといっていいほど含まれており、単体のサプリメントを購入して飲んでいる方もいるくらいです。

それぞれの働きについて少し詳しく見てみましょう。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た働きをするため、女性の間でも美容やダイエット目的で人気のある成分。

男性ホルモンであるDHTと反対の働きをするために、脱毛を防ぐ効果が期待できると言われています。また、カプサイシンと一緒に摂ることで、育毛効果が期待できるという研究結果も。

(参考元:http://ikutsu.com/capsaicin-isoflavone-propecia.html

納豆や豆腐など、大豆製品に豊富に含まれており、栄養価も高いことから健康のためにも取り入れたい成分ですね。

大豆が苦手な人でも、最近はクセのない豆乳やフレーバーが豊富な豆乳ドリンク、サプリメントも多く販売されているので、無理のないものを試してみてください。

亜鉛

牡蠣などに多く含まれ、男性の滋養強壮剤などにもよく含まれている亜鉛ですが、実は身体の細胞や髪の毛を構成しているケラチンを作り出すのに欠かせないミネラルの1つでもあります。

亜鉛が細胞内で働くことにより、新陳代謝を促し疲れにくい体づくりができるの、新しい組織を作り出すことができます。

そしてもうひとつ、5αリダクターゼの作用を抑えることによって、DHTの生成数を減らす効果が期待されています。

しかし、亜鉛が含まれている食べ物は限られており、元々不足しがちな栄養素な上、吸収率も悪い成分でもあります。こちらもサプリなどを取り入れながら意識して摂るようにすると良いでしょう。

ストレスを溜めない

対人関係や仕事のこと、また引越しなど環境の変化や様々なトラブルまで、ストレス源になり得ることは日常の中に多く存在しており、ストレスを感じずに生活するのはなかなか難しいですよね。

しかし、ひとつひとつは些細なストレスでも、積み重なると自律神経のバランスが乱れ、心身に悪影響を及ぼします。

自律神経失調症で特に注意したいのが、睡眠障害や血流の悪化。質の悪い眠りでは成長ホルモンの分泌がうまくいかなくなりますし、血流の悪化では頭皮に栄養を運べなくなり、毛髪の成長に大きく影響します。

なかなか難しいかもしれませんが、ストレスを感じたらなるべく溜め込まずに、早めにリフレッシュするように心がけましょう。

飲酒・喫煙を控えめにする

お酒での脱水(利尿作用)、タバコに含まれるニコチンには、血管を収縮させる働きがあるため、血行不良につながります。先ほども触れましたが、健康な毛髪を作るためには、血液から栄養素をしっかりと頭皮に送る必要があるため、血行不良は薄毛の大敵

また、お酒の消化のためには沢山のビタミンやその他の栄養素を消費するため、髪の毛に行き渡る分がかなり不足してしまいます。

さらに、過度の飲酒や喫煙はDHTの生成を促してしまうというデータも。

お酒やタバコは控えめにし、できればどちらもやめてしまった方が髪の毛のためには良いでしょう。

適度な運動

社会人になると仕事や家のことで忙しく、なかなか運動の時間というのは取りにくいものですが、DHTを抑制するためには運動がとても大切になってきます。

運動によって血流を良くし、先ほど紹介した自律神経を崩す原因であるストレスも軽減させることができます。

また、DHTは汗とともに排出できるという研究結果もありますので、初めからきつい運動でなくても構いませんから、心地よく汗を書く程度の運動やストレッチを取り入れてみましょう。

【注意点あり】DHTは効果の強い医薬品で抑制!

DHTを抑制する続いての選択肢は、専門機関で診察を受け、処方された医薬品を使用してAGA治療を行うという方法。

近頃テレビCMも流れており、すっかり耳馴染みのある存在となったAGAクリニック。そこでは、効果の強い医薬品を使用した治療を受けることができ、確実に大きな効果を得たいという人は相談して医薬品を使うことを検討するのも良いかもしれません。

代表的な医薬品をいくつか紹介しておきましょう。

プロペシア

プロペシアは最も有名なAGA治療薬といっても良いほど一般的に知られており、5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTの生成を抑制することができ、AGA進行を食い止める目的で処方されている治療薬です。

ただ、プロペシアが抑制できる5αリダクターゼの種類は、前頭部や頭頂部に特に多く存在しているⅡ型と呼ばれるものだけです。M字ハゲの人には効果が出やすい薬かもしれませんね。

しかし、効果が高い分、強い副作用(頭皮のかゆみ、発疹、男性不妊、男性機能低下、めまい、うつなど)が出るというリスクも忘れてはいけません

特に、まだこれから子供を考えているという若い世代の方は注意が必要です。

ザガーロ

ザガーロはプロペシアと違って、Ⅰ型とⅡ型どちらの5αリダクターゼにも効果を発揮する薬です。

どちらにも効果があると聞くと、とても魅力的に思えますが、こちらも効果が高い分だけプロペシアよりも副作用のリスクが上がります

プロペシアは平気だけど、ザガーロでは副作用が出るというようなケースもありますので、きちんと専門の医師と相談しながら使用するかどうかを決めてくださいね。

DHTを副作用のリスクなしで抑えるには育毛剤がオススメ

「食生活の改善では薄毛の対策が追いつかないけど、まだ副作用のリスクを取ってまで医薬品に頼りたくない」「医薬品の副作用で男性不妊や機能低下になっては困る」、という人は育毛剤を使ってみるのがおすすめです。

また、家系的に薄毛の遺伝があって不安な人や、早めに対策しておきたいという人、薄毛まではいかないけど髪のボリュームがもっと欲しい人にも是非使ってほしいと思います。

医薬品と違って効果は緩やかではありますが、副作用が起きないように考慮されている商品が非常に多く、時間をかければ薄毛の改善が見られたという人も沢山います

気になった人のために、代表的な育毛剤をいくつか紹介しておきましょう。

プランテルEX

プランテルEXは、独自成分ペブプロミンαと、注目成分であるリデンシルを配合したことで注目され、予約が殺到している育毛剤。

ペブプロミンαの効果は特に注目されており、5αリダクターゼの阻害率がミノキシジルの3倍もあることが証明されています。(※)

また、話題の成分リデンシルについては、5%と他の育毛剤にはない濃度で配合。

良い成分をたくさん配合しているので、少しお値段は高めですが、それだけの価値がある育毛剤と言えます。

(※)ミノキシジルは、頭皮に塗布するタイプの医薬品でリアップなどの商品にも含まれている。かゆみやかぶれなどの副作用を引き起こす可能性がある。

フィンジア

フィンジアは、「どれだけ良い成分を使っても、きちんと頭皮内部に吸収されなければ意味がない」という考えのもと、成分をより効率的に頭皮に浸透させる仕組み「ゲートアクセス理論」を採用した育毛剤

主な成分は「キャピキシル」「ピディオキシジル」の2つで、ミノキシジルと同等の効果を発揮するとして話題にもなった成分です。

しかもミノキシジルと違って優しい成分なので、副作用が起きるリスクがなく、安心して使い続けられます。

また、カプサイシンを配合することによって血流を促し、より効果的に頭髪に栄養成分が行き渡るようになっているのも特徴です。

イクオス

イクオスは5αリダクターゼを阻害する5つの成分(オウゴンエキス、ダイズエキス、ビワ葉エキス、クララエキス、ヒオウギ抽出液)を配合し、使用者の約8割もの人が効果を実感するほどの実力。

また、すでに生成されてしまったDHTへの対策として8種類の成分(ゴボウエキス、クワエキス、シャクヤクエキスetc.)も含まれており、ダブルで脱毛因子を防げるのも人気の理由です。

さらに、AGA改善に期待が持てるノコギリヤシや、DHT濃度を薄める効果があると言われるイソフラボンなども配合。頭皮の炎症を抑え、毛母細胞を活性化させる成分も配合し、頭皮環境を正常に保ってくれます。

全体の成分配合数も業界トップクラスで、成分の数だけさまざまな薄毛の原因に対応できる育毛剤です。

DHT抑制にもう一押しするなら育毛サプリメントを!

一番はじめに食事の改善をお勧めしましたが、髪に必要な栄養素を全て食事で賄おうと思うと、かなり大変で手間もお金もかかります。

また、医薬品や育毛剤を使用するにしても、体の内側から頭皮の活性化を促し、サポートするためにはやはりサプリメントを併用するのがお勧め

毎日数粒飲むだけで、髪の成長に必要な栄養素を効率的に取り入れることができ、髪だけでなく体の調子も整えることができます。体の調子が整うと、組織の末端である髪にもきちんと栄養が行き渡りやすくなり、とても良いサイクルが出来上がるというわけです。

こちらもいくつか人気のサプリを紹介しておきます。

イクオスサプリEX

イクオスサプリEXには、育毛サプリには欠かせないとされる成分、ノコギリヤシが300mg(※)も含まれており、DHT抑制に大きな期待が持てます

もちろんそのほかにも、先ほど紹介した大豆イソフラボン、亜鉛を筆頭に、ビタミン類や体内で生成できない必須アミノ酸など、不足しがちな栄養素24種類を配合

「栄養バランス桶の理論」といって、特定の成分だけ多くとるより、バランスよくいろんな栄養をとった方がタンパク質を保持できるという理論にも当てはまります。

公式サイトから購入すれば、割引率が高くお得な定期購入ができ、月々4,380円、1日あたり約150円とペットボトル飲料1本分ほどの値段で続けることができます。

また、育毛剤とセットで使用したいという方は、そちらも定期購入ができますので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

(※)臨床試験の際にモニターに投与した量とほぼ同量。

ボストン

ボストンはあちこちの掲示板や口コミで昔から話題になっているサプリのため、聞き覚えがあるという人も多いのではないでしょうか。

こちらのボストンにも、副作用の心配がなく、DHT抑制効果が高いとされるノコギリヤシが300mg配合されています。しかもボストンのノコギリヤシは、成分劣化が起こりにくい超臨界抽出法で主成分を抽出し、かなり純度の高いもの

また、オイル状のものをカプセルに閉じ込めたタイプであるため、吸収率が非常によく、粉末タイプを固めるための「つなぎ」となる混ぜ物も一切使わないという、純度へのこだわりも魅力的。

その他にも、牡蠣60個分の亜鉛、納豆27パック分の大豆イソフラボン、落花生1,980粒分のビタミンEなど、食事で補いきれない栄養素を簡単に取ることができるのが魅力のサプリメントとなっています。

DHTの働きと生成を抑える方法は沢山ある【まとめ】

今回はAGAの大きな原因となるDHTを、どうすれば抑制できるのかというテーマで色々とご紹介してきましたが、参考になるものは見つかりましたか?

DHTを抑え、薄毛を改善するポイントは以下の通り。

DHT抑制のポイント
  • 頭髪に必要な栄養素を取り入れた食事
  • ストレス発散や運動など生活習慣の見直し
  • 喫煙や飲酒など、DHTを活性化させるものを控える
  • 医師と相談して医薬品を試してみる
  • 育毛剤を使う
  • 育毛サプリを飲む

今回紹介した育毛剤のオススメの使い方

DHT対策として色々な方法をご紹介しましたが、中でも多くの人にオススメできるが育毛剤を使用すること。

自由診療の料金や治療費、薬の料金など、少し予算が多くかかってしまう医薬品よりもリーズナブルに試せて副作用の心配もありません

まだ育毛を意識しだしたばかりの人にも安心して続けられる対策法だと思います。

中でもオススメしたいのが、イクオスのローションとサイクオスサプリEXのセット。

イクオスはセット定期が一番お得

イクオスは育毛剤の優秀さはもちろんのこと、サプリメントの内容も良いため、この2つをセットで買って併用して使っている人がほとんど

というのも、イクオスのローションは単品で8,980円、サプリメントは6,980円で2つ合わせると15,960円の高額になるのにもかかわらず、セット定期では65%オフの6,980円と驚くほどお得な値段になるのです。

毎月13,187円もお得で、ローション単品の値段より安いという、驚くほどのコストパフォーマンスの良さ。

ほかの商品で頭皮表面と体の内側からDHT対策しようと思うと、なかなかこの価格ではできないと思うので、どんな方法で薄毛を改善すれば良いか迷っている人はまずイクオスのセット定期から始めてみてはいかがでしょうか?

↓↓ココで購入すると特典がいっぱい↓↓