頭皮が見えてヤバい!髪の毛がスカスカになってしまう3つの原因と対策

お風呂上がりの濡れた髪をふと見た時や、昼間太陽のもとでふと鏡を見た時などに「あれ?なんか地肌見えてない?!」と感じたことはありませんか?

まさか自分が薄毛になっているなんて信じたくありませんが、地肌が透けて見えている人は要注意。髪の毛全体が細く弱いものになっており、薄毛の進行がかなり進んでいるサインです。

今回は頭皮が透けて見える原因と、その対策についてそれぞれ紹介していきたいと思いますので、心当たりのある方は参考にしてみてください。

どういう原理で頭皮・地肌が透けて見えてしまうの?

ふとした瞬間や、強い光が当たった時は特に、地肌が髪の毛から透けて見えてしまうという現象は、どういう原理で起こっているのでしょうか?

例えば割り箸と竹串を100本ずつ用意し、同じ面積の発泡スチロールにそれぞれ刺して並べてみるとしましょう。

面積や間隔が同じ条件なら、割り箸を刺した方が見た目のボリュームもあり、発砲スチロールが見えにくくなります。しかし、細い竹串のサイズになってしまったとしたら、隙間がたくさん空いてスカスカに見えますよね。

これと同じことが髪の毛で起き、今まで太かった髪がやせ細ってしまうと、地肌が見えやすくなってしまうというわけです。

薄毛のサイン!頭皮が透けて見えてしまう原因は何?

頭皮が透けてしまうのは髪の毛の一本一本が細く、隙間が空いてスカスカになってしまうからだということがわかりました。

では、髪の毛が細くなってしまうのは何故なのでしょうか?

髪の毛が細く弱くなってしまう原因は大きく分けて3つ。自分にあてはまる項目がないかチェックしながら見ていきましょう。

①AGAの発症

薄毛に悩む男性の9割が発症しているといわれているAGA(男性型脱毛症)。

AGAは、男性ホルモンであるテストステロンが、5αリダクターゼと言う酵素と結びつき、DHT(ジヒドロテストステロン)と言う脱毛因子に変化することが原因で起こります。

髪の毛は通常、新たしい髪が生えて伸びる(成長期)→伸び切った髪がしばらく留まる(退行期)→古くなった髪が少しずつ抜けていく(休止期)と言うサイクルを数年かけて繰り返しています

しかしAGAを発症するとこのヘアサイクルが大きく乱れ、髪がまだ細い段階で成長が止まってしまい、薄毛や脱毛が起きてしまうのです。

頭皮が透けて見えてしまうと言う人は、このAGAが進行している可能性があります。

②血行不良

肩こりや体の不調に血流が関係しているように、髪の毛の成長に対しても、頭皮の血流はとても重要な役割を持っています

髪の毛を作るのに必要な栄養素は、血管を通って頭皮まで運ばれ、髪の毛を作り出す細胞に行き渡りますが、血行不良だとその栄養があまり運ばれなくなってしまいます

栄養不足の状態で成長した髪は、当然ながら細く弱いものになってしまうというわけです。

③偏った食生活

「忙しい」「めんどくさい」などの理由で、コンビニ弁当やカップ麺、外食など、偏った食生活が続いていませんか?

髪の毛を構成している主な物質はケラチンタンパク質と言われるものなのですが、このケラチンを作り出すためには、タンパク質、亜鉛、アミノ酸カルシウム、ビタミンなど、幅広い栄養素をバランスよく取らなければなりません。

乱れた食生活をしているとなかなか補えない成分も多く、髪の毛を作る栄養が不足している状態になると、しっかりした髪は生えてきにくくなります

その他に薄毛になりやすい人の特徴

髪の毛が弱くなってしまう大きな原因は、主に上記の3つですが、それに加えて以下の2つも、薄毛になりやすくなる原因となってしまいます。

ストレス

仕事のことや、いろんな人との対人関係、環境の変化や悩み事など、ストレスの原因はあちこちにありますよね。

ストレスと聞くとあまりよくないイメージがありますが、自分で消化できたり、うまくリフレッシュできる程度のストレスなら問題ありません。

しかし、あまりに大きなストレスを抱えていたり、ストレスが積み重なったり、溜め込んだままにしていると、心身が疲弊して自律神経が乱れ、薄毛の原因の1つである血行不良につながります

全くストレスを感じずに生活するのはかなり難しいことですので、運動や趣味の時間を確保して、ストレスを溜め込まないように注意しましょう。

過度の飲酒・喫煙

お酒は少しだけ嗜む程度なら問題ないかもしれませんが、大量に飲んだ場合、アルコールの分解にアミノ酸が消費されてしまいます。

体に取り込まれた栄養素は、内臓やその他の機関から優先的に消費され、爪や髪の毛には最後に回ってくるものなので、お酒の分解やダメージ修復にいろんな成分が使われた場合、髪の毛に行くはずの栄養が不足してしまいます

また、タバコに含まれるニコチンには、血管を収縮させるようがあり、血行不足につながるので、頭皮に栄養素が行き渡りにくくなります。

2つとも嗜好品なので、急に辞めるのは難しいかもしれませんが、あてはまる人はなるべく量を減らすなどして気をつけた方が良いでしょう。

細くて弱い髪から太く丈夫な髪に変える方法とは?

髪の毛が細くなってしまう原因をいくつか紹介しましたが、心当たりがある人もいたのではないでしょうか?

つぎは、そんな薄毛の原因にどのように対処するのが良いのかを紹介したいと思います。

①生活習慣の見直しをする

生活習慣といっても色々ありますが、何から手をつけていいかわからないと言う人は、まず第一に食生活に気を使ってみましょう

いつもの食事にプラスして野菜を多めに取るように気をつけたり、揚げ物を控えたり、意識してヘルシーなものを選ぶようにするだけでも大きく変わります。

なかなか補えない栄養については、サプリメントなどで補うのも良いでしょう。

何を選んでいいかわからないと言う人は、髪の毛に必要なものがバランスよく含まれている育毛サプリというものがありますので、そちらを利用するのがオススメです。

また、夜寝ている間は体を休め、ダメージを修復すると同時に、成長ホルモンが分泌されることによって各細胞が活性化するため、髪の毛の成長にも欠かせない時間です。

睡眠不足であったり、ちゃんと寝られていないと言う人は、睡眠時間の確保や、安眠のために寝室や寝具を工夫するなどしてみてはいかがでしょうか。

②血行促進に努める

血行不良は健康な髪作りの大敵。頭皮の血行を促進するには、全身の血流も良くした方が効果的ですので、毎日湯船に浸かって体を温めましょう。

お風呂にゆっくり浸かることによって血流が良くなり、リラックス効果も得られますので、ストレスを軽減することもできます。

また、寝る1時間くらい前に体を温めておくことによって、入眠時に体温が下がりやすくなり、質の良い睡眠にもつながります。

頭皮が硬い人は、お風呂のついでに頭皮マッサージをするのもオススメです。

③育毛剤を使って頭皮をケアする

生活習慣の見直しだけではなかなか追いつかないと言う人、もう一押し何かしたいと言う人は、総合的なケアができる育毛剤を使用するのがオススメです。

  • AGAの原因(DHTや5αリダクターゼ)の働きを抑制
  • 頭皮の炎症を鎮めて髪の生えやすい地肌へと環境を整える
  • 髪に必要な栄養素を補給
  • 頭皮の血行促進

など、人気の育毛剤の場合、さまざまな薄毛の原因に対応しているものが多く、1つ購入して続ければ薄毛の対策が簡単にできてしまいます。

お風呂上がりや朝出かける前の数分、頭皮に塗ってもみ込むだけで済むので、めんどくさがりの人や、忙しい人も始めやすい薄毛対策ではないでしょうか。

地肌が透けて見えたら薄毛進行のサイン!すぐ対策を

今回は地肌が透けて見えてしまう原因と対策について詳しく紹介しました。結論を言うと、頭皮が透けて見えている人は、すでに薄毛が進行してしまっています!

「まだなんとかヘアセットで誤魔化せるから大丈夫」なんて思っていては、あっという間に抜け毛が始まってしまいますので、気付いた人はすぐに対策してください。

上記で紹介した生活習慣の改善によって、健康的な体を取り戻すのは勿論のことですが、薄毛がかなり進んでいる人はそれだけでは間に合わない可能性が高いです。

そういった人は、「AGA対策」「栄養補給」「頭皮環境の改善」など、総合的なケアができる育毛剤も大いに活用して、ふさふさの髪の毛を取り戻してくださいね。