生え際の後退は放置すると治りにくくなる!回復のためにできる事は?

厄介な生え際の後退は放置すると治りにくくなる!回復のためにできる事は?

「だんだんとおでこが広くなってきた」「髪をとかした時の抜け毛がひどくなった」なんて人はいませんか?

そんな人は生え際の後退がすでに進行してしまっているかもしれません。

生え際の薄毛は改善が難しいと言われており、気付いた時からすぐに対策を始めることがとても大切になってきます。

今回は生え際が後退してしまう原因と、手遅れになる前にできる対策を併せて紹介します。

生え際の薄毛進行のタイプはM字型とU字型の2つ

薄毛に悩まされている男性のおよそ9割が、 AGA(男性型脱毛症)だと言われています。

AGAの発症によって起こる脱毛は2種類で、頭頂部(つむじ)から薄くなってくるタイプと、おでこの生え際がどんどん後退していくタイプがあります。

おでこの生え際が後退するタイプのうち、額の左右から薄毛になっていくのがM字型、額の真ん中から薄毛になっていくのがU字型です。

また、 AGAの進行の仕方は人それぞれであり、つむじの薄毛と額の薄毛が同時進行するタイプの人もいます。

自分の生え際が後退しているかどうかチェックする方法

「最近毛がよく抜けるけど、薄毛なのかな?」「もともとおでこが広いからわからない」など、薄毛は徐々に進行する上に額の広さには個人差があるため、なかなか始めの段階では気付きにくいものですよね。

そこで、いくつか自分でチェックできる方法を紹介しますので、以下の項目を試して目安にしてみてください。

1.自分の手を目安にする

前髪をかきあげておでこを出し、中指、人差し指、小指の三本を当ててみてください。

あまりにも生え際と指の間に隙間があるなら、額部分の後退が始まっている可能性があります。

しかし、もともとおでこの広いタイプの人や、指が細い人もいるでしょうから、あくまでも目安としてください。

2.頭皮を動かしてみる

薄毛の要因の1つに、頭皮の血行不良が関係しているのをご存知でしょうか?

頭皮環境の良い人は、血流が良く柔らかい地肌なのですが、血流が悪くなっている人は頭皮が硬くなっていってしまいます。

指の腹を頭を包み込むようにしてグッと頭皮に押し付け、前後左右に動かしてみてください。

柔らかく簡単に動く場合は健康な地肌ですが、硬くなっていて動きにくい場合、血行不良で薄毛が進んでいる場合があります。

3.生え際の産毛の様子を見る

おでこの生え際の産毛をよく観察してみると、1つの毛穴から複数本生えているものが多く、これが太く成長することによって髪のボリューム感を出してくれます

しかし、薄毛が始まっている場合、1つの毛穴から生えている毛の本数が少なく、きちんと成長する前に抜けてしまうことも。

産毛の本数が少なくスカスカに感じる場合は、注意が必要かもしれません。

4.抜け毛のチェック

人間の髪の毛は1日に100本ほどは抜けると言われていますので、ある程度の抜け毛なら気にする必要はありません。

しかし抜けた毛を観察してみて、全体的にひょろひょろしていたり、毛根が見られない場合は、ちゃんと髪が成長する前に抜け落ちてしまっているかもしれません。

髪が成長しないうちに抜けるのは、 AGAなどによってヘアサイクルが乱れているサインですので、薄毛が始まっている可能性があります。

5.写真で比較する

徐々に進んでいく生え際の後退は、なかなか自分では気がつきにくいものです。

そこで、生え際の写真を撮影しておき、数週間や1ヶ月おきに同じアングルで撮ったものと見比べてみましょう。

変化がなければ問題ありませんが、もし後退していたり以前より薄くなっている場合は対策が必要です。

また、昔の写真がある人は今の自分と見比べてみてもいいでしょう。

生え際が後退するのはなぜ?髪が抜けやすくなる6つの理由

男性の薄毛の最大の原因は AGAですが、日常の生活の中にも髪が抜けやすくなってしまう原因はたくさんあります。

生え際の後退につながる原因や習慣は大きく分けて6つありますので、あてはまる項目がないかチェックしてみてください。

1.DHTの増加

AGAの原因でもあるDHT(ジヒドロテストステロン)は、男性ホルモン(テストステロン)が5αリダクターゼという酵素と反応してできるものです。

通常髪の毛は、髪が生えて伸びてゆく「成長期」、伸び切った髪が頭皮にとどまる「退行期」、古い髪が抜けて次の髪が生えるまでの「休止期」というサイクルを数年かけて繰り返しています

しかし、DHTによって脱毛指令が出されると、このヘアサイクルが乱れて期間が短くなり、髪の毛が成長しきる前に抜けてしまうのです。

この悪循環が繰り返されると、新しい髪が生えないのに、残った髪がどんどん抜けていき、あっという間に薄毛となってしまいます。

2.眼精疲労

一見薄毛と関係のなさそうですが、実は目の周りの筋肉は頭皮に近い場所にあるため、疲れて血行が悪くなると、頭皮にも影響が出ます。

頭皮の血流が悪くなれば、血液に載った栄養が上手く髪の毛を作り出す組織に送られなくなるため、健康な髪が生えにくくなります

パソコンで仕事をする人や、スマホを見る機会が多い人などは注意が必要です。

3.生活習慣の乱れ

不健康な生活が続いていませんか?生活習慣の中でも特に気をつけたいのが睡眠です。

人間の体は眠っている間にダメージ修復を行なったり、各機関を休ませたりしています。それに並行して、睡眠中は成長ホルモンの分泌が高くなるため、体を休ませるのはもちろんのこと、髪の毛の成長にも大切な時間なのです。

睡眠不足になると、この成長ホルモンが上手く分泌されないだけでなく、ストレスを感じやすくなり、血流の悪化にもつながります。

また、運動不足の人は、コレステロール値が上がりやすく、血管の詰まりの原因となったり、汗でDHTを排出できなかったりしますので、健康的な生活を心がけましょう。

4.食生活の乱れ

髪の毛を構成している主な成分であるケラチンを作り出すためには、アミノ酸や亜鉛、ビタミン類など、さまざまな栄養素が必要になります。

しかし、これらの栄養素は内臓やその他の機関などに優先的に使われていくため、髪の毛にまで回ってくるのは1番最後栄養が不足していると、髪の毛がうまく成長できなくなります

また、偏った栄養だけでは髪の毛を作り出すことができず、だんだんと毛がやせ細っていってしまうのです。

インスタント類や外食が多い人は、食べ物の見直しをした方が良いでしょう。

5.ストレス

ストレスは日常のいろいろなところに潜んでおり、人間関係や失敗に対してなど精神的なものから、気候や環境の変化など肉体的なものもあります。

自分で発散できたり、跳ね返せたりする程度のストレスなら良いのですが、強いストレスを感じ続けると自律神経のバランスが崩れ、交感神経が刺激されて血管が収縮してしまいます。

先程から触れている通り、血行が悪いと頭皮に血液がきちんと回らず、栄養が行き届きにくくなるため、髪の成長がうまくいかなくなります。

6.カラーリングやパーマのダメージ

オシャレ目的や白毛を隠したい人、くせ毛を抑えたい人など、カラーリングやパーマをしている人は多いのではないでしょうか。

しかし、カラー剤やパーマ液の成分は強烈なアルカリ性であることが多く、弱酸性の頭皮に大きなダメージを与えてしまいます。

健康な頭皮の人が使用してもあまり良くない物なので、 AGAや生活習慣などによって頭皮や髪の毛が傷んでいる人は余計に慎重になった方が良いでしょう。

生え際の薄毛の改善が特に難しいとされているのは何故?

頭頂部や後頭部の薄毛に比べて、額部分が後退するタイプの薄毛の改善は難しいと言われています。

なぜ生え際の後退は改善しにくいのか、3つに分けて理由を説明します。

1.5αリダクターゼの量が多い

額部分は他の箇所に比べて、 AGAの原因である5αリダクターゼが多く存在すると言われています。

その濃度は頭頂部の約2倍!

そのため、生え際は脱毛が起きやすく、さらに5αリダクターゼの動きを抑えるのが大変であるため、改善をするのも時間がかかるのです。

2.血管が細く少ない

頭皮にある毛根やその組織は、血液によって運ばれてくる栄養や酸素などを取り込んで髪の毛を成長させています。

血液は当然、血管を通って頭皮まで運ばれますが、生え際周辺の血管は頭頂部や後頭部よりも血管が細く少ないため、必然的に血液が巡りにくい部分となってしまいます。

ただでさえ血液が回りにくい部分なので、血行不良になった場合は余計に栄養が行き渡りにくくなり、改善に時間がかかってしまうのです。

3.皮膚が固まりやすい

生え際部分は顔に近いため、表情筋の影響を受けやすくなっています。

接客業で作り笑いを良くする、反対に常に表情が硬い、左右どちらかに噛み癖が偏っているなど、様々な要因から表情筋は固まりやすくなってしまいます。

表情筋が固まると隣接している額回りも凝り固まり、血流が悪くなってしまうので、薄毛につながる可能性があります。

生え際の薄毛を改善するには?オススメの方法6選

上記で説明した通り、一度始まってしまうと改善がなかなか難しい生え際の薄毛ですが、手立てが全くないわけではありません。

対策が早ければ早いほど薄毛の侵攻を食い止め、改善しやすくなります

今から紹介するものの中には、今日すぐに始められるものもありますので、是非とも試してみてほしいと思います。

1.食生活の見直し

食生活が乱れているという自覚のある人は、まず主食(ご飯やパンなど炭水化物)、主菜(魚や肉などタンパク質)、副菜(野菜やキノコなどビタミンやミネラル類)のバランスがとれた食事を心がけましょう。

色々な栄養素をバランスよく摂ることによって、身体の調子から整えることができ、髪にもしっかりと栄養が行き渡るようになります。

特にタンパク質やビタミン類、アミノ酸類、亜鉛などは髪に欠かせない成分。

不足しがちな成分や、食べ物で補いにくいものはサプリメントなどをプラスして摂るのもオススメです。

2.過度の飲酒・喫煙は控える

飲酒によって体に入ってきたアルコール分を分解するためには、大量のビタミンB群が必要になります。ビタミンB群は、髪の毛を作るタンパク質の生成に欠かせない成分。

嗜む程度なら構いませんが、過度の飲酒はビタミンB群の不足につながりますので、控えめを意識しましょう

また、タバコに含まれる物質は様々な健康被害を及ぼします。中でもニコチンは血管を収縮させる作用があるため、頭皮の血行も悪化させてしまいます。

なかなかやめるのが難しいものではありますが、薄毛が気になっている人は頑張って禁煙してみる事をオススメします。

3.疲れ目を癒す

先ほど髪が抜けやすくなる要因としてもあげた眼精疲労ですが、仕事でパソコンを使う人やスマホをよく触る人、視力が悪い人などは知らず知らずのうちに目が疲れている可能性が高いです。

  • 蒸しタオルや市販の温アイマスクで温める(目がしょぼしょぼする場合)
  • 濡れタオルなどで冷やす(充血の場合)
  • 眼球を動かす体操をする
  • 目周りのマッサージをする
  • プルーライト対策のメガネをかける
  • 疲れたら遠くを見たり、目を閉じたりしてこまめに休める
  • 目薬を使う

など、意識して目を休めてあげることが大切です。

4.ツボを押す

ツボは経絡とも呼ばれ、身体のエネルギーが集まるポイントとされています。

ツボを刺激することによって、エネルギーの流れを良くし、身体に良い影響を与えられると言われており、その効果はWHOも認めているほど。

ここでは特に薄毛に関係するツボを2つ紹介しておきたいと思います。

百会

両耳と顔の真ん中の延長線上、頭のてっぺんにあるツボが百会です。

名前の通り沢山の神経が集まっているとされており、ここを押すことによって自律神経を整え、血流を良くする効果があります。

また、頭痛や肩こりなどを解消できるツボでもあり、リラックス効果も得られます。

完骨

完骨は両耳の後ろのくぼんだ部分にあるツボで、頭皮全体の血の巡りを良くする効果があります。

また、血行不良につながる目の疲れを癒してくれるツボでもありますので、気付いた時にこまめに押してみましょう。

5.育毛剤を使う

育毛剤に期待できる効果
  • DHTや5αリダクターゼの働きを抑制
  • 頭皮のフケやかゆみ、炎症を抑える
  • 頭皮環境を改善し、良好に保つ
  • 発毛促進する
  • 髪に必要な栄養補給

人気の育毛剤には、上記の機能が備わっているものが多く、また、天然由来の成分でできた無添加のものが多いので、幅広い方の薄毛の対策にオススメできます。

特に20代の人の場合、他の年代に比べてAGAの発症率が6%と非常に低く、頭皮環境の乱れが原因で薄毛になっている可能性が高いため、副作用のリスクがない育毛剤でのケアから始めてみると良いでしょう。

もちろん、その他の人も長期的なケア薄毛の対策に使用できますし、比較的リーズナブルに続けることができますので、試してみてはいかがでしょうか。

6.専門クリニックで治療

最近はテレビCMでも良くみられるようになり、身近な存在になりつつあるAGAクリニック。そこでは医師がカウンセリングから治療まで、専門的な知識や技術を使って薄毛の改善をしてくれます。

まだ薄毛が始まった段階の人は育毛剤で様子見でも良いですが、かなり進行してしまっている場合は専門的な治療を視野に入れた方が良いでしょう。

中でも主流なのが「ミノキシジル」「フィナステリド」などの医薬品を処方してもらう方法。この2つの成分は、AGAだけでなく、遺伝による薄毛の改善も期待できるとされています。

また、その他にも頭皮に直接育毛成分を注入するメソセラピーや、植毛など、様々な治療方法を相談しながら選ぶことができます。

AGAクリニック利用時の注意点

上記で説明した処方薬「ミノキシジル」や「フィナステリド」は、医薬品であるためかなり作用が強く、効果もそれなりに見込める反面、副作用も強く出ます

副作用の報告の中には「男性機能低下」「男性不妊」など、生殖活動に影響を及ぼすものもあり、若い男性は特に慎重になる必要があります。

また、その他の治療も自由診療となるため、一回あたりの費用が数万円になるケースも。

無料相談などを行なっているクリニックもありますので、うまく利用して治療方針を決めていくと良いでしょう。

生え際後退を諦めて放置しないで!改善のポイントまとめ

薄毛は生活習慣から栄養不足、AGAやストレスなどさまざまな要因から引き起こされるため、気付いた時にすぐ対処しなければどんどん進行していきます。

今回ご紹介してきたポイントは以下の通り。

生え際後退を改善するポイント
  • 頭皮に悪い習慣をやめる
  • 髪に必要な栄養を意識する
  • 若い人はAGA対策よりは育毛剤などで頭皮環境を優先
  • AGAの可能性が高い&薄毛の進行が激しい人はクリニックに相談

いずれにしても、薄毛対策をするなら気付いた時にすぐ実行することが大切になってきます。

改善の難しい生え際の薄毛ですが、諦めずにコツコツとケアを続けて、ふさふさの髪を取り戻しましょう。